MENU

返済に困ったらまず相談

女の人

借金から逃れられない

キャッシングやカードローンを利用すると、返済期日までに入金をしなければならないです。では、借金を返済していくことができなくなり、どうしようもなくなったら貸金業者に内緒で引越をして転居する、電話番号を変更するなどをしても借金返済から逃れることはできないのです。住所変更をしても消費者金融は新住所を特定するために延滞者の住民票を請求することができるのです。新住所が判明したら、その住所に督促状を送ります。国内にいる限り返済は逃れられないのですが、むしろそうなる前に借金が返済できないのなら早めに相談をするべきなのです。その理由は、日に日に利息が積み重なっていくからです。すると分割で返済できたものが一括請求されます。貸金業者も一括返済できないことは分かっていても一括請求をします。当然返済できませんから、このような場合はまず弁護士に相談をすることです。債務整理で解決する方法があります。債務整理でもまず、任意整理で減額できないか検討しますが、利息で借金の金額が膨れ上がってしまうと任意整理をしても完済が難しいケースもあります。そうなると個人再生や自己破産となります。当然ですが、任意整理よりも費用が高い債務整理になってしまいます。もっと早い段階で相談をしていれば、費用もかからずに債務整理をすることができたのですが、借金から逃れるために何もせずに督促無視していると、その時はよくても後々弁護士費用が高くついてしまいます。自己破産するにも30万円〜50万円の費用はかかります。借金返済でお悩みなら早期に相談をすることです。

Copyright© 2018 債務整理にかかる費用を伝授|プロに依頼する前に一読 All Rights Reserved.